すっかり秋


blog-9-14.JPG
夕方の日差し
なんとなく秋の日差しになっています。

ニュースで12日に、第4次安倍再改造内閣が発足したのを知った。
「感想は?」というほどには詳しくは知らない。
でも、第4次と再改造から長期政権だとわかる。

昨夜、ラーメン屋へ行くとほぼ満席だった。それで、断念して別の店へ行った。
「流行っているのかな、あの店」
夜空を見上げると、中秋の名月が輝いていた。

いつしか夏が終わり、もう、すっかり秋になっている。

通りがかった田んぼ


blog-9-6.JPG
海辺の風景
クズの花が咲いていると思い撮ったのですけれど、
40㎜レンズで距離があったので、
風景写真のようになりました。
でも、もう少し近づくと、海へ落ちてしまいます。

ブログを書こうと思うけれど、何も書くことがないと気づく。
「最近、どんなニュースを見たかな」と思い返すと、
近いうちに、内閣改造があるようなニュースがありました。
世界では、イギリスのEU離脱が混乱しているようです。EU離脱は長いこと続いていますね。

「何か見かけたものは」と思い返すと、
通りがかった田んぼで、穂が大きくなった稲が倒れていました。
「ああなると、刈り取りが大変になるんだ」
でも、稲刈り機(今はコンバインが多いでしょうけれど)も進歩していますから、「どんなものやら」といった感じです。
あの稲は、令和初の新米になることでしょう。

いま、思いつくのはそれくらい…。

解体工事


blog-8-29.JPG
柿の実
早生種などは8月中旬ごろから収穫出来て、
本格的な収穫期は10月、11月です。


なんとなく揺れと音を感じたので、後ろを見てみると、ビルの解体工事だった。車に乗っていたので大きな音ではなかった。

ビルを作るときは、骨組みを組み立てて、壁や内装を張っていく過程に夢がある。でも、壊すときは、強引に壊してしまうので夢がないと思う。

作るときの逆をして、壁や内装をはがして、骨組みをひとつづつ外していけば、こじんまりと片付くのに、と思うことがある。でも、そんなことしてみても、その暑は捨てるだけなので仕方ないのかもしてない。

手軽に壊すだけが、お金も労力もかからない。

「あ、ビルを壊している」と思ったひとときでした。

夏の終わりを感じる時


blog-8-21.JPG
曇り空
空が広い田舎の風景です。


通りかかった田んぼで、稲の穂が大きくなっていた。
夏の終わりを感じた。
でもまだ、8月が10日残っている。
少し気温が下がっていたので、夏の終わりを錯覚したのだと思う。

本屋へ行くと、レジがセルフレジになっていた。
店員がいなくなった訳じゃなく、店員もいた。
「セルフレジってこんな感じなのか」
…といった感じだった。

季節が流れていく…。

台風10号接近中


blog-8-13.JPG
なすび
円い茄子があると思ったので、
撮ってみました。
真夏の炎天下でした。


今はお盆の頃、暑い季節です。
台風10号が西日本に上陸する予報になっています。
「災害とかなかったらいいけど…」とか思います。

貧乏暇なしですから、河川氾濫して…とか、山崩れで…とか、うっとうしいとか思います。
暇していたら台風が珍しくて、雨風を見に外へ出たりもするのですけれど…。

でも、毎年台風は日本に来ます。
「台風が来る。なんという不幸なんだ」と思うより、「台風くらい通り過ぎるさ」と
思わなければいけません。


blog-8-5.JPG
ゴーヤの花
夕暮れに撮りましたので、
マイルドな感じになっています。
直射日光があった方が、
「ゴーヤ」といった感じに
なるかもしれません。


暑い日が続いています。
「なんで暑いん?」
夏だから…

海辺のコンビニへ行くと、浮き輪がぶら下げてあります。
「なんでぶら下げてあるん?」
海水浴客がいるから…

夏になると、地球の地軸の傾きで暑くなる。

夜にコンビニへ行くと、窓が露付きしていました。
今の時代、暑くなるとエアコンですね。

在日外国人への意識調査では、日本の夏は高温多湿で暑いと感じる人が多いようです。

自然を感じる時


blog-7-28.JPG
ミニトマト
ミニトマトの栽培は簡単なようです。
でも、たくさん実をつけるのは、むづかしいようです。


自販機の前に、なにかが落ちていると気づいたのは、缶コーヒーを買って取り出そうとした時でした。踏みつけてしまいそうになって、びっくりしました。
「なんだろう…」
よく見るとセミでした。
「踏まなくてよかった…」

鳴き声を聴くことはあっても、姿を見ることは少ないので、自然を感じました。

今は、梅雨があけて初夏…。
昨日は、土用の丑の日…。