ウグイスも鳴いている


blog-8-7.JPG
シロツメクサ
珍しくない雑草です。
花期は春から秋。
花の下のほうが垂れていて
元気がないように見えますけれど、
花の全盛期が過ぎた後の姿です。


朝、4時半ごろ目が覚めると窓の外から騒がしい虫の音が聞こえてきた。外を見るとうっすらと明るくなってきている。虫の音に交じって、ウグイスの鳴き声もする。忘れていたけど、ウグイスもいるようだ。
「鶏みたいなものだな」

ふと思う。
鶏を飼っていないし、鶏の鳴き声なんかいつ聴いたことがあるのか忘れてしまうくらいに聴いていないのに…。
朝に鳴くのは鶏って法則的に覚えている。

「あの虫の音は、ヒグラシのはず…」
あのウグイスの鳴き声は、つられ鳴き?

梅雨明け


blog-8-1.JPG
実もの
最初、花が咲いていると思い近づいてみると、
実がついていました。
実にピントを合わせて、周辺をぼかしてみました。


近畿地方が梅雨明けした。
7月いっぱいまで梅雨で、8月から夏になった。
平年より10日遅いようだ。

梅雨が明けたからといって暑いのは変わらない。
スカッと晴れて入道雲がもこもこ出て、ゲリラ豪雨がドバっと降ったりするのかも。

予定は何もないけど、何かいいこともあるかもしれない、かも。

セミの鳴き声


blog-7-25.JPG
葉っぱの上
葉っぱの上に昆虫が2匹います。
撮った後で気づいたのですけれど、
葉っぱを食べた後なのか、
穴がたくさん開いています。


今、騒がしい虫の音が聞こえてきました。
すっかり忘れていたこの虫の音は、セミのようです。
夏になったような感じがします。

うちのあたりまだ梅雨ですけれど、梅雨明けが近いのかもしれません。

この音色は…ニイニイゼミかもしれません。
今年の初聞きです。

気象庁の生物季節観測では、アブラゼミが対象になっているようですけれど、アブラゼミは「ジジジジ」と鳴くようです。
セミにもいろいろな種類があり、春から秋まで鳴いているようです。

新型コロナウイルス


blog-7-18.JPG
ネジバナ
ラン科ネジバナ属
この花を撮るときはピントの場所に悩みます。
花がらせん状になっていますから、
どこにピントを合わせたらいいものか…


ニュースを見ていると、都会のほうでは新型コロナウイルスへの感染が増えているような感じです。うちのあたりは田舎ですから、ニュースに出るようなことはありませんけれど。
「毎日マスクをつけているのに、また自粛生活かな…」。

第2波がどうこうは言われていたことですから、動揺はしていないものの夏になって天気が良いと出歩きたくなるもの。

「まぁ、いけどね」てな感じです。
あがいてみてもどうしようもないことですから…。

今更ながら新型コロナって何だろう、とか思います。
人間の新しい病気?今になって新しいウイルス?
地球が誕生してから46億年、何かがどこかで進化している訳ですね。

自然災害


blog-7-11.JPG
キリギリス
バッタ目キリギリス科キリギリス属
部屋に迷い込んでいたのを捕まえました。
この後、窓から外へ逃がしました。


Youtubeで2020年九州豪雨の動画を見ていると、右端に出ている関連動画に東日本大震災の津波の動画がありました。
「今、見返しても大きな津波」

自然災害の大きさ、て感じです。

日常に追われて忘れていても、地球温暖化や新型コロナウイルスも人間の活動が絡んでいるとはいえ、自然災害みたいのものですから、「あるんやな、自然災害」て感じでした。

コンプライアンス


blog-7-4.JPG
ネムノキ
夜になると葉が合わさって閉じ、
眠るように見えるのが名の由来のようです。
周囲が暗くなると葉を閉じ、
体内時計による概日リズムでも就眠するようです。


ニュースを見ていると、関電が企業体質の改善などを目指す計画の実行状況を6月29日に経済産業省に、30日には福井県知事に、7月1日に高浜町長に報告したようです。関電は、外部の弁護士などからなる「コンプライアンス委員会」を新たに設置したようですけれど、福井県知事は「これまでもコンプライアンス委員会などがあったのに機能しなかったわけであり、問題の原因は人間にある」と指摘したようです。

ここで、個人的に気になるのはコンプライアンスって何?て事でした。
検索してみると、『コンプライアンスは「法令遵守」と訳される言葉で、法令だけでなく倫理や社会規範といったものも対象となる』と出てきました。企業の社会的責任のようです。近年相次いでいる企業の不祥事で、コンプライアンスは重要視されているようです。

…という訳で、コンプライアンスって何?でした。

牛丼


blog-6-27.JPG
松の木
松は温度の適性が広く、
インドネシアからロシアやカナダまでと、
広い範囲に分布しているようです。


吉野家で肉だく牛丼のテイクアウトをすると、牛丼の並みの入れ物と肉だくの入れ物の二つになっていました。
なんか滑稽な感じでした。
肉だくの部分が牛丼の並みの入れ物に入らないので二つの入れ物になった、と推測できます。
丼ですから、一つの入れ物に入っていると直感的にしっくりくるような気がします。

今日は、思い立って牛丼を食べ、あとは蒸し暑さでダラダラと眠気を感じて過ぎていきました。